こうやって切り抜けよう!NISAの非課税期間を超過する場合の対策法

NISAによる株式運用で注意すべき点

対象とする株取引における税負担を完全に無くしてくれるのが、NISAの大きな利点です。個人投資家を優遇するために導入された税制対策の一つですが、運用するに当たっては、いくつかの点に注意しておかなければなりません。まず、非課税となるのは購入する銘柄が時下で120万円以下であるという点、そして非課税となる期間は5年までに設定されているという点です。特に株主優待などを期待してある程度長期的に株を保有するような場合、時限的な措置であるという点は十分に把握しておく必要があります。

5年を過ぎてしまう場合はどう対処すれば良いのか?

もしNISAの適用年限である5年を過ぎる場合、どのように対処しなければならないのでしょうか。まずそのまま何も手段を講じなければ、その銘柄はNISAの適用から外れて課税対象となる一般の口座に移されることになります。どうしても課税を回避したい場合はその銘柄を売却してしまうか、翌年から新たにNISAを適用するように設定しなおさなければなりません。この設定し直すことを、一般的に「ロールオーバー」と呼びます。

ロールオーバーする際の注意点

非課税のまま株を保有し続けるという人は、ロールオーバーを選択することになります。しかし、ロールオーバーする際には一つ大きな注意点があります。それは、設定し直す時点でその銘柄の株価がNISAの適用額である120万円を超えていた場合、超過分はNISAの適用とすることができないという点です。超過分については売却するか、課税対象となる一般口座で管理する以外に方法はありません。投資家としては当然のことですが、自分が保有する株がいくらなのかは十分把握しておきましょう。

株の信用取引の金利は証券会社によって異なるので、金利が安い証券会社を選ぶ事も大事になります。各証券会社のホームページや比較サイトなどで、金利を調べることができます。