ネットショップで便利!クレジットカード決済!

カード情報を入力しましょう

ネットショップで商品を購入する際にクレジットカード決済をする場合には、クレジットカード情報を予めに入力する必要があります。クレジットカード情報はカードに記載されている番号とカードの有効期限の他、名義人の氏名を入力します。一度入力した情報は永遠に記録されているために同じネットショップを利用している場合には二度と入力する必要がありません。ただし、クレジットカードを紛失して新たにカードを再発行した場合にはカードの番号が変わるために、再度入力する必要があるでしょう。

販売店側がクレジットカード決済を導入するためには

ネットショップを開業する場合にはクレジットカード決済を採用する場合には審査が必要です。クレジットカード決済を導入することによって、利用者から信用されるでしょう。しかし、自分でクレジットカード決済を導入することは非常に難しいために、決済代行サービスを利用することが一般的です。決済代行サービスを利用することで全てを代行して行ってくれるために一般の人でも簡単にクレジットカード決済を導入することが出来るでしょう。

クレジットカード決済をするための手数料とは

ネットショップを運営している企業のほとんどがクレジットカード決済を導入していますが、クレジットカード決済を導入すると手数料もかかります。手数料は購入者に請求することが出来ないために販売店側が手数料を支払う必要があります。手数料が商品代金によって異なりますが、ほとんどのクレジットカード会社は、商品代金の5パーセント未満になっています。クレジットカード会社はネットショップ側から入ってくる手数料で利益を出しているため、仕方がないことでしょう。

決済代行は,クレジットカード会社と業者との間に入りカード決済などを行う業務です。利用者はカード情報を入力して申込み,代金はカード会社経由で支払う。業者は代行業者から利用料金を回収する仕組みです。