企業の人事をサポート!社会保険労務士の仕事内容とは?

社会保険労務士が行う仕事

社会保険労務士は厚生労働省が認定する国家資格です。難関資格と言われ、行政書士や司法書士と同様に、行政に提出する書類の作成を代行することができます。他にも少額の労働裁判や労働トラブルの解決、企業に対する人事・労務面でのコンサルタントなど、その業務は多岐にわたります。法人にフルタイムで勤める労働者は労働保険と社会保険に加入せねばならず、毎月の給与支払額の計算や手続きに手間がかかることから、事業主に代わってこれらを行う社会保険労務士は企業から必要とされる存在です。

企業における就業規則の重要性

就業規則は、労働基準法だけではカバーしきれない細かな規定を示したものです。常態的に10人以上の労働者を使用している事業所は必ず作成し、行政官庁に提出しなくてはいけません。就業規則では始業時刻や休日、賃金についてはもちろん、安全衛生や職業訓練、災害補償などについても細かに定められています。労働基準法で定める基準よりも労働者にとって有利な内容であることが求められます。作成にあたり、労働者の意見は聞く必要がありますが、必ずしも同意が必要であるわけではありません。

社会保険労務士は就業規則の作成を手助けします

社会保険労務士の業務として、企業に対するコンサルタントがあります。就業規則の作成もその業務の一つです。企業では労働トラブルが多発しますが、あらかじめ就業規則で規定を作っておくことでトラブルを回避できます。業種などで発生しうる問題には差があり、考えうるトラブルをいかに洗い出せるかがポイントになります。例えば賞与についても、業績により支給しない可能性があることを記載しておけば、実際に賞与がなくても問題になることはありません。休暇についても、あくまで労働基準法をクリアした範囲で細かい規定を定めることで繁忙期に人が足りなくなるリスクを回避できます。社会保険労務士は企業の話を聞き、要望に合った就業規則を作成します。

社会保険労務士は労働関係の法律のプロです。就業規則の作成にお困りの方は社会保険労務士の就業規則を参考にするとよいです。