公務員になるために必要な3つの準備~確実にやるべきこととは~

自分が希望する公務員を見つける

公務員になりたいと思ったとき、複数種類のある公務員の中から自分に合うものを見つけることが大切です。公務員なら何でも良いと決めてしまうと、十分な対策を取ることができず、なれない可能性が高くなります。確実に公務員として働くためには、自分に合うものを見つけ、その一点に絞って取り組むことが必須となります。種類によって勉強の仕方や取り組む方が大きく変わるので、その点からもどの公務員なら自分はなれるかを考えると良いでしょう。

基礎知識を時間がある内に身につける

公務員は中学レベルの基礎知識が求められ、十分な勉強が必要だと言えます。一般教養があるかどうかの判断材料となり、また、足切りするための手段にもなっているため、重要だと言えます。苦手科目がある場合は、時間がある内に克服し、どんな問題でも解けるように準備しましょう。公務員の種類によって出題される範囲が異なり、また、その難易度も異なるので、事前に知っておくようにする必要があります。参考書等で十分に勉強できるので、範囲や難易度に合わせて取り組みましょう。

公務員になった人の話を聞き出す

実際に公務員になった人は、何をしてきたのかを知ると良いでしょう。どう勉強してきたのか、どう対策をしてきたのかを教えてもらい、それをヒントに自分も取り組むことで、公務員になる可能性を高めていきます。インターネットから情報を集めることもできますが、信憑性に欠けてしまうので、なるべく直接お話を聞くようにしましょう。その公務員が働く場所を訪れ、取材する形でお話を聞くことがオススメです。将来目指している、と伝えることで打ち解けられるでしょう。

公務員の講座のメリットとして、初心者であってもおおまかに試験範囲を網羅することができ、対策を立てやすいことが挙げられます。